コンタクトの種類と特徴

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズ

・ 非ガス透過性ハードコンタクトレンズ

・ ガス透過性ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズの特徴

装用当初は異物感がありますが、ある程度の時間、毎日確実に装用すれば装用感は良くなります。目に異物が入ったり、黒目に傷がついたときは、痛みとして、敏感に反応し、早期治療が可能です。激しいスポーツには不適切です。

ソフトコンタクトレンズ

コンタクトレンズとケース

ハイドロゲルコンタクトレンズ(従来の素材のソフトコンタクトレンズ)

・ 従来型ソフトコンタクトレンズ

・ 1日(毎日)使い捨てソフトコンタクトレンズ

・ 1週間連続装用使い捨てソフトコンタクトレンズ

・ 頻回(2週間)交換ソフトコンタクトレンズ

シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ(新素材のソフトコンタクトレンズ)

・ 1週間連続装用使い捨てソフトコンタクトレンズ

・ 頻回(2週間)交換ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズの特徴

装用感は初期から良好であり、異物感や流涙などは殆ど無いが、逆に装用しているあいだに傷が悪化し、はずした直後に強い痛みを訴えることがあります。目への酸素供給はガス透過性ハードコンタクトレンズよりも劣ります。

 名称未設定 2